« 2008年12月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年1月26日 (月)

今日もいい表情しています。

Dscn5289会場でいい感じで仕切っていました。

お客さんにもにこやかに出迎えていましたよ。

(明日からはお休みです。)

Dscn52892 目に注目。

Dscn5291 展望台のお客さんは今日も感動しています。

Dscn5240 彩凛詩1部のナレーターです。

FM-WINGパーソナリティの伊藤もといさんです。

詳しくは↓

http://www.fmwing.com/contents/personality/index.html

彩凛詩初の男性ナレーターです。

渋く、深いしゃべりで最高でした。

Dscn5242 セリフは立ちながらの録音です。

力強さが伝わってきます。







1部のナレーション台本の全てをご紹介します。

NA/時は数万年前 
遥か遥か昔から滔々と流れ、時のうつろいを大地に刻んできた十勝川。 
太古の十勝は、原生林鬱蒼と茂り、草が大地を覆い 
ナウマン象をはじめ 
森羅万象の動植物たちの生の営みが朗朗と繰り返されてきました。
そこでいくつもの偶然が重なり、ある奇跡が起こります。 
太古の植物が何万年にもわたって堆積したものが地層となって、後に十勝川温泉の素、琥珀色のモールの湯を生み出すのです。 
大自然の長い長い営みは、 
荘厳で、ダイナミックな天地のドラマを創造してきました。 
しばし想像してみてください。遥か昔の北の大地の荒々しさを・・・。
(曲中の台詞) 
 沈まれよ! 
 荒れ狂う 怒号の神よ! 山や海の化身たちよ 
 森の精霊よ 
 すべての生き物たちに安息の地を、与えよ。 
NA/時は流れ、北の大地に新しい生きものたちが、大陸から渡ってきました。  人間です。 
その頃の人間は、まだまだ圧倒的大自然の中の、小さな小さな存在でしかありません。森や海や川がもたらす幸を得ながら、大地にしがみつくように生きていました。 
やがて人間は少しずつ力を蓄え、自然への挑戦を始めます。 
自然と人間の関係が微妙に変化していきました。 
(曲中の台詞) 
 人間たちよ、欲深き人間たちよ 
 我を恐れよ 
 我は大地の神なり 
 あまたの生き物たちの源なり
NA/そして、時代は現代に。 
十勝川のほとりには、毎年冬ともなると、白鳥はじめ多くの水鳥たちが渡ってきます。水辺に羽根を休めるその可愛らしい姿、大空に華麗に舞う美しい姿は、私たち人間の目を楽しませ、自然の豊かさに心癒される冬の風物詩のひとつです。 
遥か昔から、渡りを繰り返してきた鳥たちも、大自然の法則に従い、命のリレーをしてきたに違いありません。 
それではちょっと覗いてみましょう。 
十勝川の冬の水辺を、光と音で表現するなら、こんな感じでしょうか。
NA/現代の私たちの地球 
太古より、雄大でそして圧倒的であり続けた大地は、私たちの星は今、大きな岐路に立たされています。 
人間が、環境を大きく変えるだけの大きな力を持ってしまったことで、自然界が悲鳴をあげ始めたのです。 
白鳥はじめ水鳥たちのもうひとつの故郷であるシベリアの大地も、氷河が溶け出すなど環境が急激に変わってきています。 
今、地球規模で起こっている変化に、私たちは目を背けるわけにはいきません。
NA/想像してみてください。ここは未来。何百年後の十勝川のほとりです。 
想像してみてください。 
そこには、青々とした十勝川が変わらずに流れていますか。 
想像してみてください。 
川辺へ羽根を休める水鳥たちの可愛らしい姿が、そこに見えますか? 
自然を慈しむ心、かけがえのない地球大切さを、今 
ここ十勝から、皆さんの一人ひとりの心に響いてほしい。そう願います。 
(曲中の台詞) 
 人間たちよ、   
  
 人間たちよ、 思慮に富んだ 英知の使い手たちよ 
 子々孫々まで伝えよ 
 すべての いのちの尊さを、 
 かけがえの大地とともにあらんことを 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月25日 (日)

開催2日目の様子

今日のニュースタッフさんです。

いつもと違う!!

Dscn5266_2 目がパッチリすっきり。(ムーミン?)

爽やかな表情です。 やっと調子が出てきましたか?

Dscn5268_2 今年の滑り台は高速です。スリル満天。

走行距離が伸ばされ、雨の後のサラサラ雪なので最高のコンディションです。

Dscn5271_3 遊歩道の突き当たりから見た景色です。

カップルが何故か多い場所です。

奥で、人目が無い。夜景がも綺麗。スピーカーから遠いのでささやき声も聞こえる。

なので、カップルには最適。二人の恋も深まります。

Dscn5279_2

恋が深まるどころか、離れていく人も居ます。

(原因は彩凛詩のせいではありません)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月24日 (土)

オープンしました。

今年の彩凛詩はいいねって、良く言われます。

毎年、毎年、真剣勝負で取り組んでいます。今まで手を抜いていた訳ではありません。

確かに、今年の彩凛詩はいいかもしれません。

新システム導入で、今までやりたかったことが、かなり実現できてるからだと思います。

Dscn5251 展望台に入場制限が出ました。

過去初めてです。

Dscn5253 ショーを最後まで見るお客さんに展望台が溢れました。

Dscn5257 駐車場もバスもいっぱいです。

Dscn5259_3 牛乳も手湯も好評です。

Dscn5248_2  実にお客さんは楽しそう。

今年はやっぱりみんな楽しそう。

Dscn5261 けど、この方は考え込んでいます。

Dscn5262 考え込んでいます。

Dscn5263 けど、しっかりとお客さんを誘導しています。

Yoshi 顔をアップにしてみましょう。・・・・・?

Dscn5247 いろいろと小さな不具合はありましたが、初日は無事プログラムが走りました。

明日はまた無事動くようにとお祈りしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月23日 (金)

とうとう完成しました・2009彩凛詩!明日オープンです。

明日からの彩凛詩です。

「最高傑作!」

Mein

Img_6359

Img_6355

Img_6353

Img_6327

Img_6276

Img_6214

Img_6221

Img_6222

Img_6223

Img_6230

Img_6261

Img_6266

Img_6268

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月22日 (木)

彩凛詩の裏側がとうとう記事となりました。

Dscn5244 10回目となる今回、ようやく演出プログラムの裏側を取材してくれました。

記事のように最先端の技術を元に制作しています。

本当かどうが、仕上がりを見てください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月16日 (金)

準備も超クライマックス。今回のニュースタッフです。

116_2 今回がはじめてのニュースタッフです。

こう見えてもヤル気・パワー満々です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月14日 (水)

除雪のプロも登場。

114 年々、確実に腕を上げている。

1141

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月13日 (火)

雪がやっと降りました。

113 雪も降り、展望台の骨組みの完成。

準備は超順調です。

1131 三角錐の覆いもかけられ、レイアウトもシュミレーションどおりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2010年1月 »